MENU

フリーターでもキャッシングは可能?

不況が長く続いたことから、自分の希望する就職先が見つからないというかたや、定職に就きたくないというフリーターが多いという時代になりました。
フリーターをして生計を立てているかたが、何らかの事情でお金を借りなければならなくなったとき「キャッシングを申込みたいけれどお金が借りられるのだろうか」と心配するかたもいますが、フリーターであってもキャッシングはできるので心配ありません。

 

「お金は借りられるが多くは望めない」
最近はフリーターが増えたことから、フリーターでもお金を借りられるキャッシング会社も増えてきました。
フリーターは正社員と比べると審査が通りにくいと言われていて、仮に審査に通っても融資限度額が少なくなる傾向にあります。
理由は、フリーターは収入が安定せず、そのうえ収入も少ない場合が多いので、もし借りたお金が返せない状態になると、キャッシング会社は貸し倒れになってしまいます。

 

「審査を通すには」
キャッシングを申込むと審査があります。
審査は申込書に記入した年収や仕事内容、勤務先と勤務年数、住居状況など、申込書に記入した内容と、信用情報機関の個人情報に問い合わせをかけて審査がおこなわれます。
これらをすべてコンピューターに入力し、総合点数で返済能力や信用度が高いかを判断します。
フリーターで定期的な収入がないと審査に通るのは厳しくなりますが、勤続年数も長く、定期的な収入があれば返済能力があると判断され、審査に通りやすくなります。
その他、携帯電話ではなく固定電話を持っていることや、過去にクレジットカードの返済や公共料金の返済が滞ったことがないということも信用度が高くなります。

 

「不在時の在籍確認」
フリーターの場合、勤務時間が一定でないことがあります。
しかし、キャッシングの審査で必ず在籍確認の電話が勤め先に入ります。
かかってきた電話、は本人がかならずでなければならないものでもなく、電話に出た同僚から本人が確かに勤務しているという事がわかればそれで在籍確認は終了しますので、
勤務時間外に掛かってきた場合に備えて「クレジットカードンの申込をしたから電話がかかってくるかもしれない」と会社に伝えておきましょう。
こうしておけば勤務時間外に電話がかかってきても安心です。