MENU

学生がキャッシングでお金を借りるには

学生がキャッシングをしたいと思っても、社会人に比べて収入が少ないことや仕事も収入も安定していないことから、学生のキャッシングはむつかしいと言われています。
しかし、学生であっても審査に通ることは可能ですし、学生だからと言ってあきらめる必要もありません。

 

「審査を有利に進めるためにやっておくこと」
お金を貸す側にとして重要な事は、「お金を貸しても返せるだけの返済能力が有るか」ということで、まずはアルバイトなどで収入を得ておく必要があります。
どれくらいの収入ならOKなのかという基準はありませんし、それ以上に大事なのが「安定した収入があること」が優先されます。
一般申込でもいえる事ですが、同じ勤務先で長期間勤めていれば「収入も仕事も安定している」と判断されます。
特にアルバイトの場合は、1年以上、最低でも半年以上働いていれば審査に通る可能性は高くなります。

 

「申込前に借入診断で試してみよう」
「収入が少ないから借りられるかどうか心配」という場合は、申込をする前に「借入前診断」などを利用して、自分の状況で融資が受けられるかどうかのシミュレーションをしてみましょう。
「借入前診断」はわずか3,4項目の入力だけで、融資が受けられるかどうかが解りますので、まずは試して見ることをおすすめします。
ただし、審査結果はあくまでも仮のものなので、実際は審査を受けてみないとわかりませんので参考程度に考えましょう。

 

「クレジットカードで利用履歴を作る」
キャッシングの審査は、申込書と信用情報機関の個人情報を元にして審査がおこなわれます。
これまでクレジットカードを作ったことがない、他社でも借入れをしたことがないというかたも多いですが、できることならクレジットカードを作って利用履歴を作るのも審査に有利になります。
クレジットカードを申込んだ場合、信用情報機関の個人情報にはどこのクレジット会社を利用しているか、利用枠はどれくらいなのかといった情報が書き込まれます。
そこで、クレジットカードを作るだけではなく定期的に利用して、支払いがきちんとできていれば信用情報機関の記録がプラスになります。

 

いずれにしても、キャッシングは、他に借りる方法がない場合だけに利用し、借入は必要最低限だけにするといった使い方をするものだと思っておきましょう。