MENU

クレジットカードでキャッシング

新入社員として就職すると、会社取引の銀行からクレジットカードを作ることを進められ他ことが有ると思います。
最近のクレジットカードは買い物や飲食代に利用できるショッピング機能とお金が借りられるキャッシング機能が付いているので、買い物やキャッシングにも利用できる便利なカードです。

 

「クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠」
クレジットカードは、基本的には1カ月間に利用できる限度額が設定されていて、その範囲内でショッピング枠とキャッシング枠の限度額が決まっています。
例えば利用限度額が1カ月間で50万円の場合、キャッシング枠の設定が30万円とすると、キャッシングで30万円借りるとショッピング枠は20万円まで利用できます。
キャッシングを利用していなければ、ショッピング枠は50万円まで利用できます。
キャッシングで利用できる限度額も、利用者の年収や職業などによって、数万円〜100万円ぐらいまでの幅があります。

 

「クレジットカードの審査」
クレジットカードを申込むと審査があります。
審査はショッピング枠とキャッシング枠を別々に審査します。
ショッピング枠の審査は「割賦販売法」という法律に基づき審査されます。
「割賦販売法」はクレジット取引の健全な発達や、利用者の利益保護などを目的とした法律で、クレジット取引をするときの規則が定められています。
審査の方法は、申込書に記入した年収をもとにして支払可能見込額が計算され、支払可能見込み額から利用限度額が決まります。
一方、キャッシング枠の審査は消費者金融と同じで貸金業法で審査されます。
貸金業法は消費者を守るために造られた法律で、総量規制により融資限度額は年収の3分の1以内と規制されているので、これを越えての融資は受けられません。

 

「キャッシング枠の審査を通すには」
キャッシング枠を利用するためには年収が必要になるので、無職の専業主婦は利用できませんし、申込をしたからといって必ず作れるものでもありません。
他社でキャッシングの契約をしている場合、限度額が年収の3分の1近くまでになっているとか、クレジットカードを何枚も持っていて、利用限度額の合計が多額になっていると断られることもあるので、不要なカードは解約しておくことがポイントになります。