MENU

キャッシングのリボ払いとは

キャッシング会社のホームページで、返済方法を見ると「借入残高スライドリボルビング方式」と書かれているのを見ることがあります。
これは返済方式のひとつで、毎月返済額が少ないので楽な返済が続けられますので、出費が重なった時でも安心ですが、利息を含めた総支払額が多くなります。
返済方式がわかれば少しでも利息を抑える手立てができます。

 

「借入残高スライドリボルビング方式とは」
この方式の特徴は、借入残高によって毎月返済額が変わり、支払いを続けることで借入残高が少なくなると、利用限度額の範囲内であれば何度でも借りられるという方式です。
分割払いの一種で、この返済方法は借入残高によって毎月返済額が変わりますが、毎月の返済額は一定になります。
たとえば、新生銀行カードローン「レイク」の場合10万円以下なら3,000円、10万円以上20万円までは5,000円と決まっています。
また、分割払いは支払方法や返済の回数を変えられませんが、この方式は繰り上げ返済が可能で、毎月返済額以外に支払ったお金はすべて元金返済に充当されます。

 

「毎月返済額の内訳」
借入残高スライドリボルビング方式は毎月返済額の中から利息分を引き、残ったお金が元金返済に充当されます。
先ほどのレイクを例にとって10万円を18,0%で借りたとすると
1カ月間の金利は
10万円×18,0%÷365日×30日=1,480円になります。
毎月返済額は3,000円なので、
3,000円−1,480円=1,520円が元金返済に充当されます。
翌月の借入残高は10万円−1,520円=98,480円となり
98,480円×18,0%÷365日×30日=1,460円が金利になります。
この計算が繰り返されてやがては完済ということになります。

 

「早く返したい時は繰り上げ返済がおすすめ」
このように借入残高スライドリボルビング方式は完済までに時間がかかり、その間に再度借入をしてしまうといつまでたっても完済ができません。
少しでも早く完済したい時は繰り上げ返済をすれば返済期間が短くなります。
繰上げ返済で支払ったお金はすべて元金返済に充当されるので返済期間が短くなり、利息を含めた総返済額が少なくなるので、できるだけ繰上げ返済をすることをおすすめします。