MENU

主婦がキャッシングを始めるには

専業主婦が一番悩むのは、生活費のやりくりで、少しでも負担を軽くするために外に働きに出たいけれど出られないというかたもおられます。
そんな悩みを解決する方法として、キャッシングを利用するのも選択肢のひとつです。

 

「主婦のキャッシングは制限が有る」
キャッシングの利用目的で、「生活費の補填」というのが最も多く、長引く不況から一時的に借りるという目的で借りる主婦のかたが増え続けるのではないでしょうか。
キャッシングは消費者金融やクレジット会社、銀行カードローンで申込ができます。
ただし、消費者金融やクレジット会社でキャッシングをするときは、2010年の貸金業法の改正で、総量規制の施行により年収がなければ原則利用できなくなりました。

 

そのため、パートなどで収入のある兼業主婦のかたはこれまで通り消費者金融でキャッシングをすることができます。
無収入の専業主婦の場合は、原則消費者金融で融資は受けられません。
ただ、総量規制の「例外」にあたる「配偶者貸付制度」では、配偶者の同意が得られれば配偶者の収入とあわせた3分の1までは融資をしてもよいことになっています。
しかし、「配偶者貸付制度」という制度でお金を借りられますが、調査や審査に時間がかり、採算が取れないことから中止、または廃止にしているところがほとんどで、融資が受けるのが難しいというのが現状です。

 

「銀行カードローンなら年収に左右されない」
銀行カードローンは銀行法に基づいて事業を展開しているので、貸金業法の影響は受けません。
そのため、銀行カードローンは総量規制の対象外となり、消費者金融のように年収による制限は受けないので、銀行の審査さえ通れば、本人の収入に関係なくお金が借りられます。
しかし、基本的には本人に収入がないと申込みができませんが、なかには専業主婦を対象にした商品をそろえている銀行カードローンがあります。
たとえば、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は30万円まで、イオン銀行カードローンは50万円まで、みずほ銀行カードローンは30万円までなら、本人に収入がなくても申込ができます。
その場合、ご主人に安定した収入があることが条件になりますが、銀行カードローンは申込者の個人名義で借りられるので心配ありません。